マイルの貯め方が分からないという人に

マイルという言葉はよく聞くけど、マイルの貯め方が分からないという人も少なくはないと思います。

しかし、マイルの貯め方はいたってシンプルなのです。

マイルを貯めるには、航空会社が直接取り扱っているクレジットカードを選び、マイレージプログラムに東特完了後に、フライトに搭乗したり、ショッピングをするだけで、どんどんマイルがたまっていくという仕組み。

マイレージプログラムのみを登録するだけでもマイルを貯めることが出来るのですが、クレジットカードも一緒に登録することによって、より効率よくマイルを貯めることが出来るのです。

さらに、クレジットカードの特徴によっても、マイルの貯め方が大きく異なっていきます。

クレジットカードには国内旅行を楽しみたいという人に向けたカードなども出ており、JALやANAはその代表的なグループだと言われています。

そして、クレジットカードを契約した人には、マイレージプログラムのみを登録するよりも、利用者に対して様々な面で待遇していると言われています。

クレジットカードを使って公共料金などを払うことによってもポイントが貯まり、貯まったポイントを使ってマイルに貯めることもできるので、より賢くマイルを貯めることが出来るようになるのです。

航空会社のマイルの価値

航空会社でのマイルには、使用方法によってその価値が変わってくると言われています。

ANAマイルを貯める場合には、iTunesやTポイント、楽天ポイント、Suicaなどからマイルを貯めることができ、JALマイルの場合には、WAONやdポイントなどからマイルを貯めることが出来ます。

貯まったマイルは商品と交換することもできるのですが、オリジナル商品や食品といったように、実質の価値の評価がしにくい商品も多く、1マイルあたりの価値が1円を大きく下回るアイテムも多くあるので、商品との交換はあまりお勧めとは言えないようです。

航空マイルを航空会社の飛行機やパッケージツアーなどの代金に充当することが出来るクーポン券などと交換した場合の価値は、現金同等物と比較するとレートがやや上がってくるのです。
航空会社のクーポンは、航空券の料金に充てることもでき、さらにパッケージツアーなどで、ホテルもお得に予約することが出来るのです。

さらに、マイルでは特典航空券と交換することもでき、飛行機タダで乗ることが出来ると言われているのです。
航空会社のクーポン券や特典航空券との交換が、よりマイル価値が高いと言われています。
最近では、マイルを使って旅行する人も増えてきているのです。